台風24号、1日未明に最接近 通勤、通学に注意を【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
船の係留作業を進める漁師=にかほ市の象潟漁港
船の係留作業を進める漁師=にかほ市の象潟漁港

 台風24号は1日未明から明け方にかけて、秋田県に最接近。秋田地方気象台は通勤、通学の時間帯まで風雨の強い状態が続くとして、注意を呼び掛けている。県内では30日、各地に避難所が開設され、身を寄せる住民もいた。漁港では漁師が船を固定するための作業に追われた。

気象台によると、県内は1日午前9時ごろまで雷を伴った激しい風雨が続く見込み。雨量は多い所で1時間50ミリ、午後6時までの24時間では120ミリに達する恐れがある。予想される最大瞬間風速は、沿岸部の海上、陸上、内陸のいずれも30メートル。最大風速はそれぞれ20メートル、18メートル、15メートル。波の高さは最大4メートルで、海上はしける見込み。気象台は暴風雨や土砂災害、河川の氾濫、高波などへの警戒を呼び掛けている。

 台風の接近に備え県は30日、災害警戒部(部長・土田元総合防災課長)を設置。各市町村も警戒体制を敷き、秋田市や美郷町など9市町では避難所を設けた。

 横手市は同日夕、市内の公民館など21カ所に避難所を開設。市危機管理課によると、同日午後7時現在、計6人が自主避難した。

 強風による漁船の損壊を防ごうと、にかほ市の象潟漁港では同日朝から、係留中の漁船を結ぶロープの本数を増やす漁師の姿が見られた。

(全文 987 文字 / 残り 455 文字)

JR運行状況はこちら