東欧の地上イージス(7)ルーマニア 電波健康被害、報告なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地上イージス・シュタイナー司令官
地上イージス・シュタイナー司令官

 世界で唯一、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)が実戦配備されているルーマニア・デベセル基地内にある米軍基地。先月中旬、現地を訪れた際、地上イージスのアクセル・シュタイナー司令官がインタビューに応じた。

 ◇  ◇

【地上イージス・シュタイナー司令官】

 ―地上イージス基地の概要を教えてほしい。

 「イージス艦の上部に当たるデッキハウスに、レーダーや指令システムがある。デッキハウスの外にはミサイル発射装置が3基あり、24発装填(そうてん)されている。発射装置は密着させることも可能だが、万が一の誘爆を防ぐため間隔を空けて配置している。基地内には電源プラントもあり、外部からの供給が断たれても基地内で発電できる」

(全文 692 文字 / 残り 372 文字)

この連載企画の記事一覧