柔道メダリスト輩出、創部30年 女子の三井住友海上

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三井住友海上女子柔道部の創部30周年式典で、取材に応じる世界選手権70キロ級2連覇の新井千鶴=2日、東京都千代田区
三井住友海上女子柔道部の創部30周年式典で、取材に応じる世界選手権70キロ級2連覇の新井千鶴=2日、東京都千代田区

 五輪、世界選手権で幾多のメダリストを輩出した三井住友海上女子柔道部の創部30周年式典が2日、東京都内で行われた。9月の世界選手権70キロ級で2連覇を果たした主将の新井千鶴は多数のOGを前に「先輩方が築いた歴史があるからこそ、それを超えたいとの思いで頑張り続けられる」と感謝を示した。

 同部は1988年ソウル五輪で女子日本代表を率いた柳沢久監督の下、89年9月に創設された。96年アトランタ五輪61キロ級(当時)で恵本裕子が日本女子柔道初の金メダルを獲得し、70キロ級の上野雅恵が2004年アテネ、08年北京五輪で2連覇するなど輝かしい実績を残してきた。