移籍の小結・貴景勝「前を見て」 大相撲秋巡業スタート

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋巡業で、千賀ノ浦部屋所属として相撲を取る貴景勝(右)=東京都大田区

 大相撲の秋巡業が3日、東京都大田区で始まり、旧貴乃花部屋から移籍して千賀ノ浦部屋所属として臨む小結貴景勝は「前を見てやっていく。負けたら何をしているんだという話になる。ますます頑張らないといけない」と決意を語った。

 稽古では早速、申し合いで10番取り、同部屋となった平幕隆の勝とも1番取った。土俵入りでは千賀ノ浦部屋所属と紹介された。師匠だった元貴乃花親方(元横綱)は1日付で日本相撲協会を退職。子どものころから憧れだった師から突然離れることになったが「今までの稽古で僕は強くなった。それは変わらずにやっていく」と引き締まった表情だった。