台風25号、7日本県最接近か イベント中止相次ぐ

お気に入りに登録

 秋田地方気象台は4日、大型で非常に強い台風25号が7日午前に本県へ最接近する見通しを示し、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。県内では予定されていたイベントの中止や延期も相次いでいる。

 台風は5日に沖縄へ最接近する見込みで、その後は日本海を北上し、本県沿岸部に近づく見通し。7日の県内は各地で強い風雨に見舞われる可能性があるとし、気象台は「土砂災害や河川の増水にも警戒が必要。台風は進路が変わるため、小まめに気象状況を確認してほしい」としている。

 これを受け、7日に開かれる予定だった秋田市の秋田国際ファミリーマラソン大会、北秋田市の合川駅秋まつり、横手市の親善ばら展の中止が決まった。八峰町で6日に始まる「んめものまつり」も、最終日の7日を中止とした。

 男鹿市の市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)は、7日の男鹿産ベニズワイガニの詰め放題イベントを8日に延期した。

(全文 384 文字 / 残り 0 文字)