能代、秋田商軸にV争い 県秋季高校軟式野球、6日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 第63回県高校軟式野球秋季大会が6日から3日間、秋田県能代市の能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)で6校が参加して行われる。優勝校は第30回秋季東北大会(10月20~22日、青森県弘前市)への出場権を得る。

 今夏の全国選手権を戦った2年生が残る能代、好左腕塚田亮輝(2年)を擁する秋田商が優勝争いの軸となりそうだ。夏の県大会で準優勝だった能代工や秋田工も上位を狙う。

(全文 304 文字 / 残り 118 文字)