文武両道、食から支援 秋田高同窓会、学食復活へ寄付募る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かつて学食があった研修会館の食堂。厨房は10年近く使われていないままだ
かつて学食があった研修会館の食堂。厨房は10年近く使われていないままだ

 秋田高校同窓会の有志が、廃止から10年近くたった同校の学校食堂(学食)の復活に向け、寄付を募っている。500万円を目標に6月から募金を始め、10月3日時点で222人が約260万円を寄付した。本年度中の復活を目指しており、リーダーを務める佐藤裕之さん(57)は「おなかを満たして文武両道に励めるよう、先輩として支援したい」と語る。

 佐藤さんによると、同校の学食はかつて、部活動の合宿などで使用する「研修会館」の1階にあった。昼休みには多くの生徒が訪れて空腹を満たし、学年を問わず交流できる場だったという。委託運営会社が赤字を理由に2009年に撤退し、営業を終えた。

(全文 826 文字 / 残り 544 文字)