パラ3種目に挑戦 三種町、50人がボッチャなどプレー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ボッチャを楽しむ参加者
ボッチャを楽しむ参加者

 「障害者スポーツ教室」が3日、三種町琴丘総合体育館で開かれ、身体障害がある能代山本地区の約50人が、パラリンピック公式種目のボッチャなど3種目に挑戦した。秋田県と県障害者スポーツ協会の主催。

 種目はボッチャと卓球バレー、フライングディスク。このうち、球を投げて目標球までの近さを競うボッチャでは、参加者は真剣な表情で球を放り、「ナイス」「惜しい」などと声を掛け合って楽しんでいた。

(全文 240 文字 / 残り 49 文字)