ゲーム「モンハン」実写映画化へ 累計5千万本のヒット作、米で

お気に入りに登録

 カプコンは5日、人気ゲーム「モンスターハンター」シリーズがハリウッドで実写映画化されることが決まったと発表した。2004年の発売からシリーズ累計5千万本が売れ、最新作だけでも1千万本を超えたヒット作。映画化により世界的に知名度を高め、さらなる販売拡大を目指す。

 同シリーズの映画化は初めてで、公開時期は未定。同じくカプコンの人気ゲームを映画化した「バイオハザード」シリーズで知られる独コンスタンティン・フィルムが製作を担い、監督・脚本も同シリーズから引き続きポール・W・S・アンダーソン氏が務める。国内配給は東宝が行う。