東欧の地上イージス(14)周辺国への影響 避けられぬ脅威の応酬【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ルーマニア南部のデベセル基地に配備されている地上イージス
ルーマニア南部のデベセル基地に配備されている地上イージス

 「1年ほど前のことなんだが…」。迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)が配備されているルーマニアのデベセル村で、イオン・アリマン村長がこう切り出した。

 ある週末、アリマン村長は村外へ出ていた。その日、村長の不在や役場の休みを狙ったようなタイミングで、ロシア大使館員が村を訪れていたことが後になって分かった。

 大使館員は貧しい村民たちに声を掛け、お金を渡し、地上イージスに批判的なコメントを集めていったという。「自国向けのプロパガンダ(政治宣伝)映像作りの材料に使われたようだ。基地がある以上、こうしたことは今後も起こるだろう」とアリマン村長は話す。

(全文 1107 文字 / 残り 822 文字)

この連載企画の記事一覧