大リーグ、ドジャースが初黒星 ブルワーズは優勝決定Sへ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ドジャース戦の2回、満塁本塁打を放つブレーブスのアクーニャ=アトランタ(共同)

 【アトランタ共同】米大リーグのプレーオフは7日、アトランタなどでナ・リーグの地区シリーズ(5試合制)第3戦2試合が行われ、ドジャース(西地区)はブレーブス(東地区)に5―6で敗れ、2勝1敗となった。二回にアクーニャの満塁本塁打などで5点を先行され、2本塁打などで追い付いたが5―5の六回にF・フリーマンのソロで勝ち越された。前田は出場機会がなかった。

 ブルワーズ(中地区)はロッキーズ(ワイルドカード)を6―0で下し、3連勝で7年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 ア・リーグの地区シリーズ第3戦は8日に行われる。