秋田県内で電線ショート相次ぐ、台風の塩害か【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
電線の張り替えを行う作業員=9日午後2時10分ごろ、秋田市外旭川
電線の張り替えを行う作業員=9日午後2時10分ごろ、秋田市外旭川

 秋田県内で9日、電線のショートが相次ぎ発生した。東北電力秋田支社によると同日午後3時現在、秋田市を中心に由利本荘市やにかほ市、潟上市、男鹿市、能代市の沿岸部計6市の少なくとも計90カ所で確認された。7日に日本海を北上した台風25号の暴風による塩害とみられる。同社は「今後も相次ぐ可能性がある。煙や火花が出ているのを見たら、すぐに連絡してほしい」と呼び掛けている。電線ショートによる停電は確認されていない。

 同社によると、台風接近に伴う暴風で海水が吹き上げられ、各地の電線に付着。電線の被覆部も暴風で傷つき、その上で乾いて固まった塩分が、9日朝の雨で溶け、被覆部から染み込んで電線に触れてショートしたとみられる。

 電線のショートを発見した場合の連絡先は東北電力コールセンターTEL0120・175・366

(全文 1080 文字 / 残り 728 文字)