金農OBのボクシング元世界王者、三浦さんも吉田投手に期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三浦隆司さん
三浦隆司さん

 吉田輝星投手がプロ野球挑戦を表明したことを受け、金足農高OBでボクシングの元世界チャンピオン、三浦隆司さん(34)=三種町出身=がエールを送った。「野球に向かう姿勢、ストイックさは人一倍だと思う。プロの世界はいばらの道だが、乗り越える力はある」と期待を寄せる。

 三浦さんは2003年にプロデビュー。13年に世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級王者になり、4度防衛に成功。王座陥落後、返り咲きを狙った昨年7月の世界戦で敗れ、引退表明した。現在は県体育協会の「テクニカルアドバイザー」として、県内の高校のボクシング部を指導している。

 プロの世界への挑戦を決めた吉田投手。幼い頃からの夢を追い続ける姿はどこか自身と重なって見えるというが「高校3年時の自分と比べて大人の雰囲気が出ている。いろいろな判断がしっかりできる選手だと思う」と感心している。

(全文 668 文字 / 残り 291 文字)