ピンクモジャのコラム:ただいまB1! 黒星スタートに悲壮感なし

お気に入りに登録
試合前、円陣を組み気勢を上げる選手たち
試合前、円陣を組み気勢を上げる選手たち

ピンクモジャのアウェー・ブースター通信(19)

 ハピネッツブースターとなって以来、5季目となる開幕の秋を迎えました。いつもこの季節は胸踊りますが、今年はまた格別。なんたってハピネッツが悲願のB1復帰を果たしたのですから。2シーズンぶりとなるB1の景色をどうしてもこの目で確かめたく、‪CNAアリーナ‬へ向かいました。ただいま、B1!

 記念すべき開幕戦の相手は琉球ゴールデンキングス。ラッパー羅漢さんらによる力強いパフォーマンス、そして天井に投影される数字を見上げながらのカウントダウンで最高潮に盛り上がったところで、B1復帰のティップオフです。この日は琉球ブースターとともに来秋してしまった台風25号の影響でアリーナ内も蒸し暑く、そのせいかハピネッツ選手の動きもイマイチ。序盤は食らいついていたものの、第2クオーターで大きく引き離され、差を縮めることができませんでした。これがB1で2シーズンを戦い抜き、チャンピオンシップにまで駒を進めたチームとの力の差なのでしょう。しかし第2戦は希望の持てる試合展開でした。前日同様第2クオーターで抑えられたものの、最終クオーターでは怒涛の追い上げで3点差に迫り、ブースターを熱狂させました。