日中韓漫画コンテスト開幕 「手塚賞」設け作品募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漫画コンテスト「悟空杯」の開幕式であいさつする手塚プロダクションの松谷孝征社長=11日、北京(共同)
漫画コンテスト「悟空杯」の開幕式であいさつする手塚プロダクションの松谷孝征社長=11日、北京(共同)

 【北京共同】漫画を通じて日中韓の交流を図る漫画コンテスト「悟空杯」の開幕式が11日、北京であり、来年4月の授賞式に向けて3カ国から作品を募集すると主催者の中国外文局が発表した。手塚治虫さん(1928~89年)の作品を手掛ける手塚プロダクションが後援し「手塚治虫生誕90周年記念賞」を特別賞として設けることも明らかにした。

 手塚さんのマネジャーを務めた手塚プロダクションの松谷孝征社長は開幕式で、手塚さんが生前、上海を訪れ中国アニメの創始者と交流していたと紹介。「手塚は『漫画やアニメーションは国境を超える』としきりに言っていた」とあいさつした。