秋田犬保護へ新施設 ワンフォーアキタ、殺処分ゼロを目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
触れ合いイベントなどで人気の秋田犬

 保護した秋田犬をトレーニングして新たな飼い主を探す施設が、年内にも秋田市雄和に開設される。同市中通の「エリアなかいち」内で秋田犬の常設展示施設「秋田犬ステーション」を運営する一般社団法人「ワンフォーアキタ」(同市)が計画。年間10匹ほどのペースで、飼育放棄されたり殺処分されそうになったりした秋田犬の保護に取り組む。

 施設は、秋田国際ダリア園やレストランなどがある同市雄和妙法の「華の里エリア」内の土地を一部借り受けて設置する。敷地は132平方メートル。ドッグランのスペースや休憩小屋を造る。健康状態の改善とトレーニングに取り組み、飼育を希望する人とマッチングする拠点にしたい考え。名称は「秋田犬の命をつなぐ拠点」。

(全文 834 文字 / 残り 525 文字)