横手産ホップの地ビール味わって 秋田市でお披露目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手産ホップで醸造したオリジナルビール
横手産ホップで醸造したオリジナルビール

 秋田県内の四つの地ビール醸造所は12日、横手市産のホップを初めて使って醸造したオリジナルビールをお披露目した。秋田市中通のエリアなかいちでセレモニーが開かれ、各代表者らが地元産の原料で醸したビールをPRした。

 4醸造所は、秋田あくらビール(秋田市)、羽後麦酒(羽後町)、「湖畔の杜ビール」醸造のトースト(仙北市)、田沢湖ビール(同市)。昨年収穫された横手産ホップをキリンから仕入れ、それぞれにオリジナルビールを開発。フルーティーな香り、苦みを生かしたのが特徴という。

(全文 595 文字 / 残り 361 文字)