東洋太平洋王者の清水が防衛戦 12月に、ロンドン五輪銅

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4度目の防衛戦に向け、記者会見した東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=12日、横浜市の大橋ジム
4度目の防衛戦に向け、記者会見した東洋太平洋フェザー級王者の清水聡=12日、横浜市の大橋ジム

 ボクシングの大橋ジムは12日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級王者の清水聡(大橋)が12月3日に東京・後楽園ホールで4度目の防衛を懸け、上原拓哉(アポロ)と対戦すると発表した。32歳の清水は横浜市のジムで記者会見し「ここでいい勝ち方をして来年は世界へとつなげていきたい。左のパンチの切れが増してきた」と自信を示した。

 清水は7戦全てKO勝ち。国際ボクシング連盟(IBF)同級4位など世界ランキングで上位につけ、世界挑戦の機会をうかがっている。