遠い風近い風[佐々木桂]隣は何を読む人ぞ

お気に入りに登録

 秋である。秋といえばスポーツの秋。スポーツといえば、東京ではオリンピック熱が少しずつ高まってきた。オリンピックといえば読書の秋。あ、これは僕の場合。少々長いが、聞いてほしい。

 オリンピックには各国から観光客も多数訪れる。となると、語学が大きなポイント。で、何語を始めるか。そこは僕の個人的な趣味だが、できるだけ、詩人を理解してくれる国がいいなと考えた。僕は名刺の肩書も詩人・エッセイストだが、実はコレ、日本人に渡すと結構ドン引きされる。「詩人ですか、すてきですねぇ」と言っている目がどうも、うさんくさいモノを見る目なのである。「何だこいつは? 大丈夫か?」という気持ちが少なからず表情に出る…うーん、ような気がする。ひがみかもしれないが(笑)。

(全文 1257 文字 / 残り 934 文字)

この連載企画の記事一覧