秋田修英コールドで8強、横手は敗れる 秋季東北高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大崎中央を2回以降無安打に抑えた秋田修英の西岡=さきがけ八橋球場

 来春の選抜大会につながる第71回秋季東北地区高校野球大会第2日は14日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦6試合を行い、8強が全て出そろった。秋田県第1代表の秋田修英は大崎中央(宮城第3)をコールドゲームで下し、東北大会初勝利を挙げた。第2代表の横手は羽黒(山形第2)に6―14で敗れた。

 15日は両球場で準々決勝4試合を行い、秋田修英が4強入りを懸けて古川(宮城第2)と対戦する。

 ▽2回戦
秋田修英 9-1 大崎中央
 (七回コールドゲーム)
仙台育英 10-2 福島商
 (七回コールドゲーム)
古川 4-3 弘前東
 (延長十回)
花巻東 12-10 聖光学院
羽黒 14-6 横手
八戸学院光星 9-2 専大北上
 (八回コールドゲーム)

(全文 695 文字 / 残り 372 文字)

秋季東北高校野球、全試合を速報!