秋田県勢のセンバツ出場厳しく 高校野球、一冬越え成長期待

お気に入りに登録

 第71回秋季東北地区高校野球大会第4日は17日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝を行う。秋田県勢は準決勝を前に姿を消し、来春の選抜大会出場が厳しくなった。収穫と課題を見つけた戦いを振り返る。

 本県第1代表の秋田修英は春秋を通じて初の東北大会。初戦をコールドゲームで制し、準々決勝に進んだが、古川(宮城第2)に1―3で競り負けた。第3代表の秋田商は1回戦で専大北上(岩手第3)に1―6で敗れた。

(全文 616 文字 / 残り 419 文字)

秋季東北高校野球、全試合を速報!