マサルのきょうだいです 勝大、秋田犬ふれあい処でデビュー

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬ふれあい処でデビューした勝大

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=に贈られた秋田犬「マサル」のきょうだいで、雄の「勝大(しょうだい)」が17日、秋田県大館市の秋田犬ふれあい処(どころ)でデビューした。県内外から来場者が訪れ、勝大と触れ合ったり写真撮影を楽しんだりした。

 勝大は、マサルと一緒に生まれた4匹のうちの1匹。マサルと同じ赤毛で生後8カ月、体重約28キロ。マサルの由来になった「勝利」と大館市の「大」を組み合わせて命名された。

 デビュー初日は、飼い主の加藤瞳さん(22)=大館市地域おこし協力隊=が投げたおもちゃを追い掛けてじゃれつくなど、元気いっぱいの姿を見せた。来場者はスマートフォンで写真を撮ったり、柵越しに鼻をなでたりして触れ合っていた。

(全文 706 文字 / 残り 366 文字)