秋田弁キャラのLINEスタンプ 新人社員が制作、大仙市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田精巧堂が発売しているスタンプ。女子(上)と男子の2種類ある

 秋田県大仙市の印刷会社・秋田精巧堂は、秋田弁を話すキャラクターの通信アプリLINE(ライン)用スタンプを販売している。今春入社した社員が企画し、イラストも手掛けた。

 女子と男子の2種類あり、それぞれ40種類の表情を用意。なまはげの面やきりたんぽなどを頭に着けたキャラクターが「なんもだ」「泣ぐ子はいねが?」などの一言を発している。

(全文 347 文字 / 残り 181 文字)

同じキーワードのイベント情報