県産酒、みそなど発酵食品一堂に 秋田市で「醸しまつり」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
日本酒の飲み比べが人気を集めた秋田醸しまつり

 秋田県産日本酒や地ビール、みそ、しょうゆといった発酵食品を一堂に集めた「秋田醸しまつり」が20日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで始まった。来場者は日本酒を飲み比べたり、みそやしょうゆ味の料理を味わったりして発酵食品を堪能した。県内の醸造元などでつくる実行委員会と秋田青年会議所の主催。21日まで。

 午前11時のイベント開始前から、日本酒ファンらが列を作った。日本酒の試飲コーナーには約100銘柄が出品され、来場者はおちょこを片手に各酒蔵のブースを回り、さまざまな銘柄を味わった。家族や友人らと味や香りについて意見を交わし、多彩な日本酒を満喫した。正午に合わせ、会場全体で乾杯した。

(全文 611 文字 / 残り 317 文字)