フェルト作品やぬいぐるみ、触って楽しんで 大仙市で2人展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
展示された作品を手に取り、思い思いに遊ぶ子どもたち

 フェルトのおもちゃ作りをしている長澤純子さん(52)=秋田県大仙市清水=と、子ども服を使った縫いぐるみを作る伊藤晋己(ゆきこ)さん(51)=同=の2人展が、同市の中仙市民会館ドンパルで開かれている。21日まで。

 長澤さんは趣味で10年ほど前からフェルト作品を制作。本物そっくりのケーキやハンバーガーなど手縫いで仕上げた約300点を出品した。周囲から「販売しないのか」と聞かれるほどの腕前だという。

(全文 309 文字 / 残り 110 文字)