秋晴れの下、山道駆ける 太平山スキー場でトレイルランフェス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゲレンデを駆け上がる31キロの部の選手たち

 登山道や林道に設定されたコースを走り、自然の豊さを感じてもらう「アキタ トレイルラン フェスティバル」が21日、秋田市の太平山スキー場オーパスを主会場に行われた。県内外から6~72歳の男女512人が出場。秋晴れの下でコースを駆け抜け、爽やかな汗を流した。

 31キロ男子の部で優勝した盛岡市の阿部健裕さん(26)は「走りやすいコースだった。自然の中で気持ちよく走ることができた」と語った。同女子の部で優勝した横手市の山本尚子さん(48)は「景色に変化があり、楽しかった。また参加したい」と話した。

(全文 586 文字 / 残り 338 文字)