300メートル、秋の味覚ずらり 五城目町「きのこまつり」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ナメコなど秋の味覚が並んだきのこまつり

秋田県五城目町の朝市通りで20日、「秋の朝市きのこまつり」が開かれた。約300メートルの通りにキノコやクリ、アケビなど秋の味覚を販売する店が並び、町内外から多くの買い物客が訪れた。

 町朝市振興委員会などの主催。各店には、旬を迎えたナメコを中心に、アミタケ、キンタケ、ハタケシメジなどさまざまなキノコがそろい、飛ぶように売れた。

(全文 516 文字 / 残り 353 文字)