評伝:工藤清一郎元雄和町長 地方行政に半世紀余

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年11月に開かれた数え年100歳を祝う会に出席した工藤さん
昨年11月に開かれた数え年100歳を祝う会に出席した工藤さん

 元秋田県雄和町長で全国町村会副会長も務めた工藤清一郎さんが27日、99歳で亡くなった。旧雄和村長から連続9期当選。助役などを含む半世紀余りを地方行政の現場にささげた。

 18歳で旧大正寺村役場に臨時雇いとして採用。戦時中は召集令状を本人に届ける「兵事係」を担当し、戦死者の遺族に戦死公報を届ける役目も担った。部下として共に働いたことのある元雄和町助役の佐々木勝男さん(71)は「役所の仕事を隅から隅まで知り尽くしていた。人柄は優しく、仕事には厳しい人だった」と振り返る。

(全文 769 文字 / 残り 534 文字)