10分の1サイズ、精密な北前船お披露目 秋田市【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
北前船を10分の1サイズにした模型
北前船を10分の1サイズにした模型

 秋田市の土崎みなと歴史伝承館で31日、江戸時代から明治にかけて日本海側の交易を担った「北前船」の模型がお披露目された。模型は10分の1サイズで、長さ約3メートル、高さ約2・8メートル。帆や船体が精密に再現され、来場者の目を楽しませている。

 北前船は、日本海を通る「西回り航路」を利用して北海道や東北と西日本を結んだ商船。昆布、ニシンなどの海産物や米など多彩な商品を運び、土崎湊も寄港地の一つだった。

(全文 501 文字 / 残り 301 文字)