お薦めの一冊で書評合戦 県民読書の日に八幡平中でフェスタ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
読書フェスタの一環で行われたビブリオバトル

 「県民読書の日」の1日、秋田県鹿角市の八幡平中学校で読書フェスタが開かれた。全校生徒約90人が、書評合戦「ビブリオバトル」や出版社元編集者の講話を通じて本の魅力に理解を深めた。

 生徒を代表し、1年生2人がビブリオバトルに挑戦した。持ち時間内でお薦めの1冊を紹介。「迷った時、この本が自分の進むべき道を教えてくれる」「相手の気持ちを深く考えるきっかけになった」などとPRした。

 続いて、元講談社編集者の兎澤三果さん(46)=同市花輪=が講話。出版社の魅力について「一つのジャンルだけでなく、漫画、雑誌、辞典などいろいろな情報を発信できる」と語った。

(全文 514 文字 / 残り 240 文字)

秋田を舞台にしたミステリー、サスペンス小説はこちらから