ハッピーハロ“ワン” 「秋田犬ごみ袋」、渋谷で配布

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渋谷駅前で配布されたごみ袋
渋谷駅前で配布されたごみ袋

 秋田県は首都圏からの観光誘客促進を図るため、10月27、28、31の3日間、ハロウィーンで仮装した若者らが集まる渋谷駅前で秋田犬をデザインしたごみ袋を配布した。2016年から行っている「秋田犬の里」集中プロモーションの一環で初の試み。同駅周辺ではハロウィーン後のごみ散乱が問題になっており、秋田犬のごみ袋で清掃してもらうことで秋田のクリーンさをアピールし、イメージアップにつなげようと考えた。

 ごみ袋は縦60センチ、横30センチ。コウモリの羽を付けて“仮装”した秋田犬をプリントし、「ハッピーハロウィーン」をもじって「Happy Hallowan! Yeah! AKITA」と記している。県からプロモーションの委託を受けた大手旅行会社JTBグループの広告代理店JTBコミュニケーションデザインが、ハチ公像があり秋田犬とつながりの深い渋谷駅での配布を企画した。

(全文 865 文字 / 残り 485 文字)