顕彰式、応募者1万人超え 金足農高の県民栄誉章

お気に入りに登録

 秋田県は5日、今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会(甲子園)で準優勝した金足農高野球部の県民栄誉章顕彰式の参加申込者数が定員700人に対し、1万1千人(2日時点)に上ったと明らかにした。県は近く最終的な集計結果を発表する予定だが、現時点で倍率は約16倍の狭き門となっている。

 はがき1通で2人まで申し込み可能とし、先月15日から今月2日(当日消印有効)まで受け付けた。県が先月24日時点で公表した参加申込者数は3979人だったが、同25日のプロ野球ドラフト会議で金足農の吉田輝星(こうせい)投手が日本ハムから1位指名されて以降、さらに増えた。県総務課によると、はがきが一日で500通以上届いた日もあったという。

(全文 571 文字 / 残り 262 文字)