金農の活躍、パネルでじっくり 横手市の秋田ふるさと村

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 今夏の甲子園で準優勝した金足農業高校の活躍を秋田魁新報の紙面で振り返るパネル展「金足農 感動の軌跡」が5日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で始まった。18日まで。

 甲子園での快進撃を伝えた記事や号外、写真のパネル60枚が並ぶ。初日は、宮城県や福島県など県外からのツアー客が大勢訪れ、吉田輝星(こうせい)投手の力投を捉えた臨場感あふれる写真や、地元の熱狂ぶりを報じた記事にじっくりと目を通していた。

(全文 311 文字 / 残り 113 文字)