ハピネッツ連敗脱出なるか、7日に敵地でA東京戦 B1

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4日の名古屋D戦で、ドライブでゴール下に攻め込む白濱=秋田市のCNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、7日午後7時5分から東京都立川市のアリーナ立川立飛で同地区3位のA東京と戦う。5連敗中と苦しい状況で昨季のB1王者とぶつかるが、ミスを抑えて食らいつき勝機を見いだしたい。

 A東京は8勝4敗。前節は西地区首位の琉球に連敗を喫したが、昨季の優勝メンバーが残り、B1トップクラスの実力は維持している。ガード陣は元秋田の安藤誓哉が起点となり、日本代表の田中大貴と共に高い得点力を誇る。フォワード陣も馬場雄大、菊地祥平、バランスキー、竹内譲次、ウィリアムズと層が厚く、ゴール下にはセンターのカークが君臨する。

(全文 637 文字 / 残り 342 文字)