安全に水素測定 県産業技術センター、企業とセンサー開発へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県産業技術センターと天馬ジャパンが開発している水素センサー(同社提供)
県産業技術センターと天馬ジャパンが開発している水素センサー(同社提供)

 秋田県産業技術センター(秋田市新屋町)は、同市御所野に工場がある液晶ディスプレー製造の天馬ジャパン(本社・川崎市)と共同で、安全に空気中の水素濃度を測定できるセンサー装置の開発に取り組んでいる。水素を燃料とする燃料電池車(FCV)の普及を見込み、製品化を目指す。

 現在開発中の装置は、金属の一種「パラジウム」や磁石などの薄い膜にレーザー光線を透過させる構造。電磁波の一種である光が膜を通ると、水素濃度によって電磁波が波打つ方向の傾きが変わる。この傾きをセンサーで読み取ることで水素濃度を導き出す。

 同センターによると、従来多く使われている「接触燃焼式」のセンサーは、水素を検知すると100度以上の高温になる。空気中の水素濃度が高まるほど、引火して爆発する危険性がある。これに対し、今回開発中のセンサーは常温で検知することができるため、安全に測定できるという。

(全文 813 文字 / 残り 433 文字)