コメ新品種「ぱらり」と「さらり」 血糖値抑制でんぷん含有

お気に入りに登録

 秋田県は、血糖値の上昇を抑制する働きがある「難消化性でんぷん」を多く含んだコメの新品種二つを開発し、「あきたぱらり」「あきたさらり」の名前で品種登録を出願したことを明らかにした。ぱらりはパラパラとしてチャーハンやピラフなどに、さらりは米粉としてパンや麺にそれぞれ向くという。2年後にも品種登録される見通しで、健康機能性を高めた県産米で市場開拓を狙う。

 両品種を開発した県立大生物資源科学部の藤田直子教授(植物生理遺伝学)は「ユニークな特徴を持つ本県発のコメにより、加工分野の振興や県産米の消費拡大につながればうれしい」と話す。

(全文 593 文字 / 残り 329 文字)