40代男性2人が風疹に感染 県内

お気に入りに登録

 秋田県は8日、県南部と県央部の40代男性2人が風疹に感染したと明らかにした。県内で今年確認された患者は3人となった。今年は首都圏を中心に流行しており、10月末までに全国で1692人が感染している。

 県保健・疾病対策課などによると、県南部の男性は先月下旬から、県央部の男性は今月上旬から、ともに発熱や発疹などの症状があり、医療機関を受診。風疹と診断された。2人とも予防接種歴はなかった。

(全文 320 文字 / 残り 127 文字)