料理と踊りで和やかに 八郎潟町、住民と金足農高生が交流

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
フォークダンスで交流する高齢者と金足農生

 秋田県八郎潟町の高齢者と金足農業高校(秋田市)の生徒が交流する「ぬくもり交流会」が8日、町農村環境改善センターで開かれた。金足農高生活科学科の3年生17人が料理を振る舞ったり踊りを披露したりして、参加した約90人は楽しいひとときを過ごした。町社会福祉協議会(松田義紀会長)の主催。

 参加者はテーブルを囲み、生徒が作った肉団子スープや春雨サラダ、フルーツヨーグルトを一緒に味わって交流。「スープはだしが利いていておいしい」「どうやって味付けしたの」などと会話に花を咲かせた。

(全文 418 文字 / 残り 181 文字)