県花の祭典、見に来て 生産者が副知事にPR【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
花卉の生産報告を行う小山会長(左)ら

 秋田県花き生産者連絡協議会(小山清司会長、226人)の役員ら4人は9日、第39回県花の祭典(17、18日、秋田市)開催を前に県庁を訪れ、川原誠副知事にイベントのPRと今年の生産報告を行った。

 小山会長は、夏場の猛暑や台風の影響で生産が減った西日本で、県産花卉(かき)が高く取引されたとし「県産花卉への期待が高まっている」と報告。県花の祭典に関しては「多くの方に花の美しさを感じてもらいたい」とアピール。

(全文 431 文字 / 残り 229 文字)