田代岳山頂に避難小屋、県が開設 損壊の神社跡へ、大館市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田代岳山頂に開設された避難小屋(県自然保護課提供)
田代岳山頂に開設された避難小屋(県自然保護課提供)

 秋田県は、大館市の田代岳(1178メートル)山頂に避難小屋を開設した。避難小屋の役割を果たしてきた田代山(たしろやま)神社が2016年の強風で損壊し、解体されたため、跡地を神社から借り受けて整備した。

 木造平屋建て約20平方メートル。建物内には板張りの床を敷き、出入り口に土間を設けた。収容人員は10人で、トイレはない。外壁に鳥居をイメージした化粧材を用いた。

(全文 388 文字 / 残り 207 文字)