#晩秋海歩き(1)サケのサーフィン【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 日を追うごとに秋は深まり、冬の足音も近づいてきた。ほんの数カ月前までにぎわっていた海に人影は消え、夏とは異なる表情を見せている。晩秋の海で見つけた風景を紹介する。

 秋田県にかほ市象潟町の川袋川の河口。鉛色の海面がうごめき、時折「ぴしゃ」「バチッ」と水音が聞こえる。秋から冬にかけて産卵のために川を遡上(そじょう)しようと、その時を待っているサケの大群だ。

(全文 346 文字 / 残り 168 文字)

この連載企画の記事一覧