稀勢の里、元気なく3連敗 高安3連勝、豪栄道2敗目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北勝富士(右)に突き落としで敗れた稀勢の里=福岡国際センター
北勝富士(右)に突き落としで敗れた稀勢の里=福岡国際センター

 大相撲九州場所3日目(13日・福岡国際センター)一人横綱の稀勢の里は平幕の北勝富士に突き落とされ、初日から元気なく3連敗となった。横綱の初日からの3連敗は1992年初場所の旭富士以来(不戦敗を除く)。北勝富士は5個目の金星を獲得した。

 大関陣は高安がこの日から出場の小結魁聖をはたき込んで3連勝。栃ノ心は妙義龍をはたき込んで2勝目を挙げ、豪栄道は栃煌山のすくい投げに逆転負けして2敗目を喫した。

 関脇御嶽海は錦木を寄り切って白星先行。3連勝は高安、小結貴景勝、平幕の栃煌山と佐田の海の4人となった。