小松さん(大仙出身)が日本代表に 来月のカラオケ国際大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
国際大会での優勝を誓う小松さん
国際大会での優勝を誓う小松さん

 秋田県大仙市(旧仙北町)出身の小松ミユキさん(24)=前橋市=が、12月にフィンランドのヘルシンキで開かれるカラオケの国際大会「カラオケ・ワールド・チャンピオンシップス(KWC)」に日本代表として出場する。「得意のバラードで優勝を果たしたい」と意気込んでいる。

 KWCは日本のカラオケ会社などをスポンサーに2003年から毎年開かれ、これまでに計40カ国の代表が歌唱力を競った。今年の大会は12月19~21日にあり、日本のほか米国、英国、インドネシア、南アフリカなど27カ国の代表が出場する予定。最大で持ち歌4曲を披露し、点数を競う。

 予選の日本大会は10月22日に東京で開催され、17人が出場。小松さんはJポップのバラード「ア・ニュー・デイ」を情感豊かに歌い、4回目の出場で初優勝を決めた。

(全文 680 文字 / 残り 334 文字)