信淵の顕彰碑お披露目 羽後町、生誕250年記念し建立

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
神事を行い建立を祝った佐藤信淵顕彰碑の除幕式
神事を行い建立を祝った佐藤信淵顕彰碑の除幕式

 秋田県羽後町出身で江戸末期に活躍した思想家・佐藤信淵(1769~1850年)の顕彰碑竣工(しゅんこう)・除幕式が11日、町コミュニティセンターで開かれた。町民有志でつくる佐藤信淵顕彰報効義会(柴田長之助理事長)の主催。会員ら約30人が出席し、先人の功績に思いをはせた。

 信淵は農学や経済学、教育学など幅広い分野で膨大な著書を残し、秋田藩など諸藩に献策した。来年は生誕250周年に当たり、同会が信淵の功績を多くの町民に再認識してもらおうと、顕彰碑の建立を決めた。

(全文 484 文字 / 残り 253 文字)