「あんぱん焼き」味わって 榮太楼、米粉まんじゅうを発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
榮太楼が発売したあんぱん焼き(右)といちじくのキャラメルケーキ
榮太楼が発売したあんぱん焼き(右)といちじくのキャラメルケーキ

 菓子舗榮太楼(秋田市高陽幸町、小国輝也社長)は、県産あきたこまちの米粉を使ったまんじゅう「あんぱん焼き」(税込み150円)を発売した。同社の看板商品「さなづら」や、まんじゅうの「赤まん」「青まん」に次ぐ定番の土産品としたい考えだ。

 あんぱん焼きは先月29日に発売。北海道産小豆のこしあんを、小麦粉と米粉を混ぜた生地で包み、オーブンで焼いた。名前は、焼いた後の見た目があんパンに似ていることにちなんだ。あんパンらしさを出すため黒ごまをのせた。

(全文 437 文字 / 残り 216 文字)