塩分控えた一杯どうぞ 金農生、スープコンテストに出場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
(右から)宮本さん、小野さん、堀さん
(右から)宮本さん、小野さん、堀さん

 秋田市の金足農業高校生活科学科3年生3人のチームが、17日に東京で開かれるスープメニューのアイデアコンテストに県代表として出場する。比内地鶏の肉団子や白神ねぎを使ったスープで、塩分控えめの優しい味で挑む。3人は「秋田の食の魅力を発信したい」と意気込んでいる。

 出場するのは、宮本みづきさん(17)、堀結奈さん(18)、小野明日香さん(18)。

 コンテストは、東洋水産(東京)が東北6県の高校を対象に、地元の食材を使ったフリーズドライスープのアイデアを募る「スマイルフードプロジェクトin東北」。2015年に始まり、4回目の今年は30校130チームから応募があった。

 秋田県予選は5校47チームが参加し、書類審査が行われた。決勝は、各県予選を通過した6チームが参加する。

(全文 738 文字 / 残り 403 文字)