「これからは野球が仕事」 吉田投手、新たな一歩踏み出す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
セリオンをバックに「侍ポーズ」を取る金足農高の吉田投手
セリオンをバックに「侍ポーズ」を取る金足農高の吉田投手

 夏の甲子園を沸かせた「金農旋風」の立役者が新たな一歩を踏み出した。プロ野球のドラフト会議で日本ハムに1位指名されてから3週間。金足農高のエース吉田輝星投手が15日、球団と仮契約を結んだ。「これからは野球が仕事になる」―。北の大地でプロ野球選手として歩んでいく覚悟をきっぱり語った。

 吉田投手は秋田市のポートタワー・セリオンで仮契約の手続きを済ませた後、隣接する屋内緑地公園・セリオンリスタで記者会見。「ファイターズで早く野球をやりたい気持ちが強くなった」。約80人の報道陣を前に、今の心境を口にした。

 球団側からは「野球に集中するためにはどうすればいいか、自分の考えをしっかり持ってやってほしい」と言われたという。「今まで以上に努力していきたい。今までは部活だったが、仕事になる。そういう面で違いがあるので、そこはしっかり意識してやっていきたい」と語り、表情を引き締めた。

(全文 792 文字 / 残り 405 文字)