脳研・健やかワンポイント[インフルエンザ対策]小まめな手洗い重要

お気に入りに登録

 インフルエンザは例年、12月から翌年3月ごろにかけて流行しますので、まさにこれからが本番です。インフルエンザの感染力は非常に強く、いったん流行すると短い期間に多くの人に広がります。子どもや高齢者が感染すると、重症化することもありますので予防が大切です。

 インフルエンザに「かからない」「うつさない」ための対策は、「手洗い」「ワクチン接種」「咳エチケット」です。中でも最も重要なのが手洗いです。インフルエンザウイルスは鼻や喉の粘膜、手などにたくさん付着します。手を洗わずに口に触れたりすることで感染が広がるため、帰宅時や食事の前には小まめに手を洗いましょう。

(全文 1070 文字 / 残り 791 文字)

この連載企画の記事一覧