原監督「金足農の健闘見事だった」 吉田輝星投手も高く評価

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
質問に笑顔で答える原監督=秋田魁新報社
質問に笑顔で答える原監督=秋田魁新報社

 東海大学県民公開講座で講演するため来県したプロ野球・巨人の原辰徳監督は17日、秋田魁新報社を訪れ、取材に応じた。今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農について「その健闘は見事だった。少々失敗しても悲壮感を見せず、伸び伸び明るくプレーしている姿が全国の野球ファンを魅了した」と称賛した。

 準優勝の原動力となり、プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で日本ハムから1位指名を受けた吉田輝星(こうせい)投手を「無限の可能性を持っている。ピッチャーとしても素晴らしいが、バッティングもいいし、フィールディングもとても上手」と評価。

(全文 454 文字 / 残り 179 文字)