ふるさと小紀行:秋の宮温泉郷(湯沢市) 異なる源泉、宿に個性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鷹の湯温泉の近くにある「鷹の岩」
鷹の湯温泉の近くにある「鷹の岩」

 湯沢市の最南端に位置する「秋の宮温泉郷」は奈良時代に発見されたと伝えられ、県内最古の温泉郷として知られる。現在ある8軒の温泉宿がそれぞれ別の源泉を持っており、開湯にまつわるさまざまな伝承が語り継がれている。

 温泉郷には約40カ所もの源泉が点在し、豊富な湯量が特徴。温泉宿は本県と宮城県を結ぶ国道108号沿いにあり、それぞれ異なる泉質を持つ。また、温泉郷内にある約80世帯のうち、8割ほどが自宅に温泉を引いているという。

(全文 1018 文字 / 残り 808 文字)

この連載企画の記事一覧